激しい抜け毛、そして薄毛、引きこもりとハゲ治療と私

20歳ぐらいから抜け毛が激しくなりました。
最初は、あまり深く考え込まず、そこまで気にしていなかったのですが、少しずつ髪は薄くなり、無視できなくなりました。
友達と会うのも嫌になり、家に引きこもるようになりました。
このままハゲてしまうのは、本当に嫌だったので、治療をすることにしました。
インターネットで調べ、治療をしているところを探し通い続けました。
お金はそれなりにかかったのですが、効果は出てわずかに髪が生え始めました。
そして、今では明らかに髪が増え、他人のそんなに目が気にならなくなりました。
ハゲの治療にそれなりに成功し、人生が変わりました。
仕事やプライベートでもいくらか自信がつき、ある程度は堂々と歩けるようになりました。
ハゲは男性にとって、とても大きな問題です。
私のように引きこもりたくなるぐらいになってから対処するのではなく、気になり始めた段階など早期に治療をすることをおすすめします。

[現代のハゲ治療事情について]
年齢を重ねると髪が薄くなるのは自然な事ですが、老けて見えたりすることから治療を希望する人は多くいます。
それを反映してハゲ治療専門のクリニックも増えてきました。
治療は、まずはカウンセリングにより生活習慣や遺伝性の有無を調べ、血液検査や頭皮の検査をします。
そのうえで、その人に合った治療薬を出されます。
その薬を継続して飲んで、定期的に検査をしていきます。
また、頭皮のマッサージや電流を流して毛根に刺激を与える治療などがあります。
何も対応しないと、ハゲは進行していきます。
ホルモンバランスを調整する薬を飲むこと、頭皮を清潔にして毛根を刺激することで、抜け毛を防ぎ、毛を太く強くしていくことに効果があるのです。